廃車と車買取のローン残債

業者に車を処分してもらう方法は、大きく分ければ2つあります。廃車にするか、車の買取です。
その2つは、よく比較されますね。どちらの方がお得なのか、気になっている方も多いかと思います。

 

一般的には、後者の車買取の方がお得です。その一番の理由は、やはりお金の問題ですね。というのも車買取は、換金ができるからです。廃車の場合は、換金できるとは限りません。もっとも廃車業者によっては、買取を行ってくれるケースもあるのですが。しかし一般的には、やはり買取専門店の方が査定額も高めになります。
ところで人によっては、車のローンを抱えている方もいらっしゃいます。では廃車にする場合は、果たしてローンの残債はどうなるのでしょうか。

 

もちろん払い続ける事になります。廃車にしてもローンの残額は残りますので、やはり支払い続ける必要があります。

 

ところで車の買取業者は、ローンが残っていても問題が無いとアピールしているケースが多いですね。もしも車を高く買取ってもらえれば、そもそもローンを支払い続ける必要もなくなります。買取金額で、ローン残債に充当する事ができるからです。
クラウンアスリート 買取

 

しかし人によっては、車を買い取ってもらってもローン残債に届かないケースがあります。買取金額が30万円で、ローン残債が40万円だとします。その場合は、もちろんローンは支払い続ける必要があります。

 

しかしローンの残額が大きく減れば、もちろん返済も楽になりますね。残額が少ない方が、金利なども低く収まるケースが多いからです。買取業者による査定額は高めになるケースが多いので、廃車にするよりはローンの支払いが楽だと思います。その意味でも、廃車よりは車買取の方がベターでしょう。